助産師と看護師の給料の差はどのくらい?

助産師と看護師の平均給料を比べた場合、助産師は看護師よりも毎月数万円程度高くなります。
年収にすると30万円~80万円程度の差があります。
看護師の平均年収モデルが480万円程度に対して、助産師の平均年収は550万円程度ですが、職場によっても違いがあるようです。

当然ですが、看護師と助産師の給料に大きく差が出る職場は産婦人科です。
産婦人科では医師、助産師、看護師という資格における序列がはっきりとしています。
看護師は助産行為ができませんから、助産師の需要が高いのです。

ただ、病院の産婦人科は看護師自体のお給料が安い傾向にありますので、助産師のお給料も相対的に高くなりにくいです。
産婦人科の中でも病院よりクリニックの方が助産師の年収は高い傾向にあります。
とはいえ、実際のお給料は平均値と異なる場合が多く、特に転職の場合は、応募の仕方や交渉によっても年収は違ってきます。

1番確実なのは、エージェント経由で非公開求人を紹介してもらうことです。
産婦人科は人気がありますから、条件やお給料が良い職場は非公開求人として紹介してもらわないと良い条件で応募すること自体が難しくなります



看護師転職エージェントの人気ランキング


  1. 2018.01.02

    新卒看護師の平均手取り給料はどのくらい?

    新人看護師の基本給は19万円程度、そこに夜勤手当をプラスすると、額面で22万~24万円程度。手取…
  2. 2017.08.19

    看護師の給料アップは昇給率と手当の量

    看護師の給料は昇給率の低い病院だと主任や看護師長に昇進してもあまり上がりません。まずは勤務する病…
  3. 2017.02.26

    看護師の給料明細の仕組み

    看護師の給与明細の項目について 看護師の給与明細では、基本給の他に調整手当、役職手当、資格手当、…
error: Content is protected !!